総天王祭

本日は無事に総天王祭が斎行されました。

昨年同様にコロナ禍における縮小での神事となり、露店などの出店もなく例年に比べて寂しい雰囲気のなかで、関係者及び代表者のみでの神事とはなりましたが、この時期にしては珍しく雨の心配をすることもなく、おかげさまで滞りなく修めることがことが出来ました。

総天王祭は津島神社の御分霊である須佐之男命(スサノオノミコト)=津島牛頭大王(ツシマゴズダイオウ)をお祀りした津島社の神事です。須佐之男命は伊勢神宮の御祭神である天照大御神の弟神で、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した神様でもあり、無病息災・厄難消除・疫病退散、幼児加護等の御神徳がございます。


本年は皆様にご参列頂く事は出来ませんでしたが、皆様の安全安心と健康、疫病退散を願って、拝殿前に「茅の輪」を設置させて頂いております。茅の輪は須佐之男命とも深い縁があるもので、穢れを祓い、無病息災・厄難消除・疫病退散などを皆様の安全安心を願います。茅の輪は8月中旬頃まで設置させて頂きますので、ご都合のよろしい時にご自由にご参拝くださいませ。

また、併せて早期終息を願って総天王祭特別朱印も数量限定ではありますが、ご用意させて頂いております。特別朱印は社務所にて頒布(開所日のみ)させて頂きます。予定枚数を頒布次第終了となりますので予めご了承くださいませ。


おすすめの投稿