新嘗祭

November 25, 2019

先日、11月23日(土)に白山神社では新嘗祭(しんしょうさい)が無事に斎行されました。

白山神社では「にいなめさい」と呼ばずに「しんしょうさい」と言います。

 

先日、天皇陛下が大嘗祭(だいじょうさい)を斎行されましたが、大嘗祭とは即位後に行う最初の新嘗祭(にいなめさい)のことであり、秋の実りに対する感謝の神事で、いわゆる収穫祭の意味合いを持ちます。これは白山神社においても同じです。

 

2月の祈年祭に始り、御田植祭、蝗祭、御鍬祭など、五穀豊穣にまつわる様々な神事が斎行されますが、そのご加護を受けたこの秋の実りを戴ける事に感謝しなければいけません。

今、当たり前にある日々の食べ物があるからこそ、私たちは安心して暮らしていくことが出来ます。古くは、食べる物を奪い合っての戦いも多くありました。今でも世界では食料をめぐって争うこともあります。

 

日本が日本として、いつまでも令和の御代がより良き御代となる様に、そして、いつまでも平和な国であることを願います。

 

12月15日(日)は御垣内特別昇殿参拝の受付を授与所にて行います。

どなた様もご参拝頂けますので、お気軽にお越しくださいませ。

 

 

Please reload

おすすめの投稿

神事の斎行について

April 2, 2020

1/4
Please reload

最近の投稿