top of page

秋葉祭

昨日16日は秋葉祭が無事に斎行されました。


秋葉祭は火の静岡県浜松市の秋葉神社の御分霊であり、火の神様である火具都智神(かぐつちのかみ)をお祀りした秋葉社の神事です。

このお祭りでは神事の前に篝火を焚いてから斎行となります。

白山神社の主祭神の一柱でもある伊邪那美命(いざなぎのみこと)が最後にお産みになりましたのが火具都智神で、火産神(ほむすび)とも呼ばれる神様です。


冬の時期は乾燥しやすく、昔から火災など火に依る災いが多くあったことから、この味美地区でも秋葉信仰が篤かった様です。


煮炊きや暖をとるなど、普段の生活には欠かすことの出来ない「火」ではありますが、一歩間違えれば火傷や火災などの禍ともなります。


同じ物を扱うにしても、扱い方次第で良し悪しが変わってしまうことがあります。普段から気を抜くことなく、細心の注意を払いながらも火の有り難さを感じる必要があるでしょう。


特に年末は慌ただしくなることもあるので、気を引き締めて良い新年を迎えたいものです。



今月25日(日)は年内最後の五の市が開催されます。

お正月の準備の品を揃える