天神祭

天神様と言えば菅原道真公ですが、本日はその道真公をお祀りし、京都北野天満宮の御分霊である天神社にて天神祭が斎行されました。

早朝から冷え込み手水舎にも氷が張るほどの寒さではありましたが、朝市の開催日と言うこともあり、参拝者の方々もご参列頂いての式典となりました。

菅原道真公は学問の神様とも言われていますが、幼少期より詠歌にも優れ、弓道などの武芸にも秀でていた為、受験の際の合格祈願や学問成就、諸芸上達を願う方が多くお詣りされています。また境内にも天神様のお使い(神使)として天神丑(臥牛)が奉られておりますが、この牛の頭を撫でるとご神徳により賢くなり、自らの身体の悪い箇所と同じ場所を撫でると病気が治り、怪我も良くなるとも言われています。