top of page

総天王祭

本日は総天王祭が斎行されました。

総天王祭は当宮の津島社(須佐之男命/牛頭大王)のお祭りで、八岐大蛇を退治した須佐之男命をお祀りしており、蘇民将来を子々孫々に渡り疫病から守ったことから、疫病消除・幼児加護・子孫繁栄の御神徳がございます。また祇園精舎の守護神であるインドの神様と習合し牛頭大王とも呼ばれています。古くからこの味美地区では旧町内にてそれぞれ天王祭が行われており、すべての町内が合同で神事を執り行うのがこの総天王祭です。この日は町内の皆様をはじめ、周辺から多くの皆様にお集まり頂いております。

雨が上がると多くの方々があつまり、浴衣姿も多くみられました。