top of page

神宮大麻頒布始奉告祭

 本日は小牧市の田縣神社にて愛知県神社庁春日部支部の神宮大麻頒布始奉告祭がございました。

 これは新年の為に氏子の皆様に頒布する神宮大麻を愛知県神社本庁より受け賜わる神事で、1月の大麻暦奉製始祭(神宮大麻及び暦の奉製が過ち無く清浄につくられるよう祈念する祭事)に始まり、4月の大麻用材伐始祭(大麻の中心となる用材を伐り出すにあたり、内宮宮域林で斎行される祭事)、大麻修祓式(奉製された神宮大麻を月に数度お祓いする祭事)を経て、9月17日に伊勢の内宮神楽殿での神宮大麻暦頒布始祭で各都道府県に頒布された御神札を更に各地域の神社へ頒布する祭事のことです。


そもそも「神宮大麻」とは何か?と言う方もいらっしゃるかもしれませんので説明させて頂きます。


○「神宮大麻」とは

 家庭で皇大神宮の御神徳を仰ぎ、拝礼するための御神札です。

 神宮大麻の「大麻」とは本来「おおぬさ」と読み、神々への捧げ物、お祓いの際に木綿や麻を指します。このことから、厳重なお祓いを経て授けられる御神礼を「大麻」と呼ぶようになりました。