おすすめの投稿

蝗祭

本日は蝗祭が斎行されました。 「蝗」は「うんか」と読みイナゴの事です。この神事においては稲に付くすべての害虫を意味し、害虫による稲の被害が無い様にと豊作を祈願するお祭りです。地域によっては「虫祭り」や「除蝗祭(じょこうさい)」などとも呼ばれていて、神事の時期や方法は異なる様ではありますが「害虫による稲の被害がなく、豊作を祈願する」ことは共通する様です。 この神事での特徴は各町内会の区長が竹筒を持って本殿に参進することで、古くは夜間に田んぼで松明を掲げて害虫をおびき寄せていたことに由来しています。 現在では松明を灯すことはありませんが、神事の際にご祈祷したお札を各町内に配り、掲げていただきます。 時代や暮らしは変われども、豊かな暮らしを願うことは昔も今も変わらぬことですね。

総天王祭

本日は総天王祭が斎行されました。 総天王祭は当宮の津島社(須佐之男命/牛頭大王)のお祭りで、八岐大蛇を退治した須佐之男命をお祀りしており、蘇民将来を子々孫々に渡り疫病から守ったことから、疫病消除・幼児加護・子孫繁栄の御神徳がございます。また祇園精舎の守護神であるインドの神様と習合し牛頭大王とも呼ばれています。古くからこの味美地区では旧町内にてそれぞれ天王祭が行われており、すべての町内が合同で神事を執り行うのがこの総天王祭です。この日は町内の皆様をはじめ、周辺から多くの皆様にお集まり頂いております。 雨が上がると多くの方々があつまり、浴衣姿も多くみられました。 日中は雨が降り続き、やんだかと思えば夕方にも土砂降りの雨に見舞われ、天気予報を気にしながらも準備を進めていました。 この度、巫女の衣装は、公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団様の「地域の伝統文化分野保存維持費用助成」制度により長年の神事での使用により傷んでいた衣装・備品を新調することができました。感謝の意を表するとともに、白山神社奉納神楽保存会の活動が認められたことを誇らしく思います。 神事の前には再び雨が降り出してしまい、内容は一部変更となりましたが、祭元である上ノ町の皆様方をはじめ多くの方々のお力添えを頂き、大きな問題もなく無事に斎行することができました。この雨がすべての罪穢れや厄災を洗い流してくれたのではないでしょうか。 当宮では夏越の祓や茅の輪くぐりは行ってはおりませんが、この総天王祭が全町内の大祓にあたります。今年の後半も災いに見舞われることなく、皆様が無事に過ごすことができるようにお祈り申し上げま

 
最近の投稿
過去の投稿
タグで検索
フォローしてください
  • Facebook Basic Square